優しい心を育むカトリック教育

お知らせ

2020/11/06

授業研究を実施しました

本日は,月に一度の「つけものデー」。

そして,昼食後に3年A組以外は

下校する日です。

 

その理由は「授業研究」のためです。

本校では,教職員のスキルアップと

日々の授業の質を向上させるための

「授業研究」を行っています。

 

校内の教職員分掌組織の中に

「研究部」が置かれ,

今年は「国語指導」が,テーマ。

特に新学習指導用要領が導入され,

その検証が必要です。

 

今回は,3年A組の児童たちに

協力してもらいました。

他の児童たちが下校したあと,

全教員が教室に集合。

とりあげた教材は,国文牧衛さんの

「すがたをかえる大豆」。

アクティブワーニングとコロナ対策を

両立する工夫も含めて,

本校国語科独自の指導法を研究しています。

授業が終わってからは,事後研究会を開き,

行われた授業について振り返ります。

より良い授業作りのため,

グループに分かれて話し合いました。

教員同士でいろいろな意見を

交換することができました。

今年度の研究目標でもある,

児童の学びの質を高める授業を目指し,

良い授業,学級経営ができるように,

これからも研鑽を積んでいきたいと思います。

 single