優しい心を育むカトリック教育

お知らせ

2021/04/24

誕生月の祈り、と、つけものデー

誕生月の祈り、と、つけものデー、は

月に1度の行事です。

 

誕生月の祈りは、

同じ月に生まれた児童と、中学校、高等学校の

生徒がチャペルに集まり、

今まで育ててきてくれた方々への

感謝の気持ちを込めてお祈りします。

 

この日は、4月生まれの児童、生徒が

集まりました。

学院理事長である髙畠親父さまから、

お祝いの言葉をいただきました。

そして、担任の先生からのメッセージが

書かれたバースデーカードを

いただきました。

初めて参加した1年生。

少し緊張していましたが、

先生からのメッセージを読んで、

少し安心したようです。

 

「つけものデー」とは、

賢明学院が毎月第一金曜日に行っている

粗食の日です。

この「つけものデー」は、

来日されたマザー・テレサの話を聞いた

児童の発案により1983 年から始まり

現在も続いているものです。

 

「あなたのできるよいことはなんでもしなさい」

と言われた創立者マリー・リヴィエの言葉を

大切にし、同じ地球上で飢えのために

命を落とす人たちの存在に

心を寄せ、「もし自分がその人の立場なら...」

と考えるよい機会となりますように。

 

 single