優しい心を育むカトリック教育

お知らせ

2019/06/06

HⅡフランス研修旅行1班⑦

 

1班は研修旅行4日目、アヴィニヨンから北上してブール・セント・アンデオールへ向かいました。

ここで母院である修道院をまず訪問しました。そこではいろんな発見がありました。

地下聖堂には、マリー・リヴィエの生涯が壁に描かれていました。昨日見たピエタ像のレプリカもありました。

マリー•リヴィエの部屋は緑色で、彼女がその色が好きだったことがよく分かりました。

リヴィエホールの元になったステンドグラスも見ました。

そして、サプライズは壁に貼ってあった写真に理事長先生を見つけたことです。

 

次に修道院から歩いて数分の姉妹校へ行き、待ちに待った交流会です。

歓迎のレセプションがあり、挨拶の後にはお互いパフォーマンスの交換がありました。

姉妹校の皆さんは歌とダンスを披露してくれました。本校もダンスの披露があり、大きな拍手がありました。

こうして会場が盛り上がったところで、グループに分かれて交流です。

最初は戸惑っていた生徒たちも、知らぬ間に打ち解けて昼食も一緒に食べました。

この交流の様子は2班の報告⑥でも紹介していますので、そちらもご覧ください。

 

 

 

 single