優しい心を育むカトリック教育

お知らせ

2019/06/12

HⅡフランス研修2班⑭

6月11日活動最終日となりました。ホテルでの朝食後,パリ市内の見学に出発。ちょうど通勤時間帯でもあり一般道・バイパス道ともに大大大渋滞。ガイドさん曰く「パリ市内はいつも大渋滞です。」確かに信号も短い時間で変わり,歩行者や自転車優先で車がなかなか動きません。バスの前に一台分の隙間があれば左右から入ろうとする車があります。男女のバスは独自の道を選びましたが、オペラ座前での待ち合わせは男子バスが1時間遅れてしまいました。女子のバスはまずモンマルトルの丘にあるサクレ・クール聖堂を見学。サクレ・クールとは聖なる御心を意とした教会で丘の上にありとても美しい教会です。その後市内にあるマドレーヌ教会へ。到着時ちょうど葬儀の最中で,私もたまたま結婚式には遭遇したことは何度かありますが,葬式は初めての体験でした。教会を出て霊柩車に乗せる際には3台のホルン演奏がなされました。12:00から4時間半のフリータイムです。事前に調べたのでしょう「一端解散」の声に生徒の姿が即座に消えました。

16:30男女とも一人の遅刻者もなく再集合。さすがです。添乗員・現地ガイドの方々も驚きと感動を感じると言っていただきました。男女ともに両手にお土産を持っての再集合です。果たしてパッキングできるのでしょうか。明日の朝が楽しみです。その後バスで移動し、最後の夕食はセーヌ川バトームーシュでのクルージングで食べました。あいにく小雨が降りましたが,火事で焼けたノートルダム大聖堂をまじかに見ることができました。尖塔がなくなった姿,足場が組まれた風景,何本もの板で補強された側面。どの方面からの姿は何か不思議な光景でした。20:00過ぎホテルに到着。明日は早朝の出発で帰国します。大きく体調を崩した生徒はおらず,全員元気に帰ります。

 

 single