優しい心を育むカトリック教育

お知らせ

2020/11/24

HⅡ研修旅行報告②

 

 

1班と2班は熊本到着に1時間の時差ができましたが,まず向かったのは熊本城ミュージアム「わくわく座」です。

ここでは最初に400年前の築城時のVR映像を観ました。いかに難攻不落の城であったことが分かりましたが,その熊本城が2016年の熊本地震で大きな被害を受けました。

その時の映像を観ながら,スタッフの方が体験談を話してくださいました。

震度7の激震が2回も襲ったこと,それが昼間だったら熊本城だけでもどれだけの人的被害があったかということなどを話されてから,「自分の命は自分で守る」ことの大切さを訴えられました。

もう一つ心に残ったのは,寄せ書きコーナーを設けたところ熊本市民をはじめ多くの寄せ書きが集まったことです。4枚目の写真はその説明をされている時のものです。

 

 

 

わくわく座を出て地上6メートルの高さに作られている特別見学通路を通って天守閣まで歩きました。

復旧が進んでいる部分もあれば,崩壊したままの箇所もあります。

天守閣の外観は修復されていましたが,内部公開は来年春です。そして,城全体の復旧はまだ20年かかるそうです。

 

 

天守閣の近くではクラス写真を撮りました。今年はこの学年の卒業アルバムの写真が少ないので,カメラマンが同行してくださっています。

そこで写真を撮り終えたクラスは,少し場所を移動して友だち同士の写真やクラスの写真を撮ったりしました。

写真に写るクレーンが,自分たちが被災した熊本城を訪れたことをいつまでも記憶にとどめてくれることでしょう。

 

 

熊本城から一路天草へ,初日の宿舎「ホテルアレグリアガーデンズ」へ向かいました。

美しい天草五橋を渡りバスで2時間,夕闇迫る中,島々の景色を楽しみながらのドライブになりました。

岬に建つ大きなホテルで,明日の朝のオーシャンビューが楽しみです。

新幹線の中で食べた弁当からずいぶん時間が経ち,みんなお腹ペコペコ夕食が待ち遠しかったです。

大きなホールでの夕食は天草を感じるご馳走でした。

 

 

 

 single