優しい心を育むカトリック教育

お知らせ

2020/10/03

総合的な探求の時間

今回の総合的な探求の時間はスペシャル講師として大原校長先生が授業をしてくださいました。

授業のテーマは「愛・性・いのち」でした。

 

 

 

「愛」には4つの愛がある。「愛」と「恋」の違い。「求めるもの」と「与えるもの」の想いはどちらに傾いているのか。愛について深く考えました。世の中の性への意識も様々に変化し,セクシュアリティへの議論,理解が深まってきた。それにより,青少年の性行動調査でも変化が見られた。日頃話題にしにくい性について考えるきっかけとなりました。
今の私たちがあるのは,ご先祖様や先人たちから受け継がれてきたいのちがあるからだ。日本では,「母体保護法」により,満21週までは中絶が認められている。2018年度は約16万人であった。胎児は‵人間′という考えを持つ。‵いのちのバトンの重さ′を感じ,愛の深めることにチャレンジして欲しい。

 

 

 

「愛・性・いのち」とは何なのか,大原校長先生の想いが伝わってくる熱い授業でした。

 single