優しい心を育むカトリック教育

お知らせ

2019/12/16

みんなが輝いた クリスマスページェント

賢明学院幼稚園のクリスマスページェント・・・

今年も,一人ひとりが輝いた素晴らしい「イエス様の誕生の知らせ」であったと思います。

 

年長組のお友だちは,聖書のことばをもとに「朗読隊」を担ってくれました。

全体を繋げる大切な役目です。

 

聖書の言葉は,園児にとってはとても難しい言葉ですが,自信をもって伝えてくれました。

 

年少組のお友だちは,創世記の天地創造の場面で,「ひかり」となりぴかぴか光ってくれました。

 

マリアさまが大天使ガブリエルから告げられた「受胎告知」の場面・・みんながシーンとなる瞬間です。

 

一番始めにうれしい知らせを聞いたのは,心の優しい羊飼い。みちびきの星に導かれて,イエス様に会いに行こう。

 

心のやさしい羊飼いに連れられて,年少組のお友だちは「かわいいひつじ」にもなってくれました。

 

年中組のお友だちは,随分前から鍵盤ハーモニカの練習をしていました。

イエス様が生まれたその日,お空にひかる星をイメージして「キラキラ星」を演奏・合唱をしてくれました。

 

年長組のミュージックベルの音色は広いホールに響き渡りました。

 

東方で星の研究をしていた博士たちは,ふたば組のお友だちが演じる

お星さまに導かれて,イエス様がお生まれになった家畜小屋に旅します。

博士の登場にあわせたすずの音は,年中組のお友だちが心をあわせて奏でました。

 

最後は,全園児が声を合わせて「グロリア」「あめのみつかい」「もろびとこぞりて」

を歌いお祝いしました。

闇であった世界に,再び消えることのない「イエスさま」という光が輝き始めたのでした。

これが,ほんとうのクリスマス。

ページェントを終えた今も,幼い子どもたちは,みんなの優しい心でふかふかになった飼い葉おけに寝ているイエスさまを,じっと見ています。

素敵なクリスマをお迎えください。

 

 

 single