優しい心を育むカトリック教育

お知らせ

2020/02/13

6年生イタリア研修旅行 3日め現地小学校との交流

ローマで過ごす最終日は,まず現地小学校との交流会から始まりました。

ローマにあるInstituto Santa Mariaという,カトリック小学校です。設置母体はマリア会ですが,賢明と同じカトリックの学校です。幼稚園から高校まであるところも同じです。

とても立派で大きなチャペルで,歓迎セレモニーをしていただきました。

校長先生からのご挨拶や聖歌隊には歓迎の歌をご披露くださいました。

本校の中原校長,児童代表からの挨拶のあと,校歌と音楽会での発表曲Seasons of Loveを披露しました。

現地校の皆さんも,最後は一緒に手拍子をしながら歌ってくれ,とても盛り上がりました。

そのあとサプライズのお菓子での懇親会,そして校内見学を現地児童たちが英語で案内してくれました。

日本とは違う教室や校舎の様子を見させて頂きました。そのあとは,「日本の昔遊び」をグループに分かれて日本・イタリアの小学生がともに楽しみました。イタリア語が母校の現地小学生,日本語が母語の賢明生ですが,ともに外国語としての英語を学習しています。年齢が同じの児童たちは,最初こそぎこちなかったものの,遊びを通じて心が通じ始め,だんだん雰囲気も盛り上がりました。そしてプレゼント交換のあとは,いろいろと話しをしたり,連絡先交換や手紙の交換などでいつまでも話尽きない雰囲気に。

最後はみんなでイタリア語の歌を歌い,全体で写真を撮り,名残惜しい雰囲気の中交流行事は終わりました。

 

 single