優しい心を育むカトリック教育

» 学校案内

校長あいさつ

校長挨拶

「あなたの居場所のある学校, それが賢明学院です。」

本校には「祈る,学ぶ,奉仕する」という校訓があります。
皆さんの学校生活を「自転車」に例えますと,「学ぶ」が後輪になります。「学ぶ」は学習が中心ですが,それだけではなく,賢明学院のモットー“THE BEST”が示すように,最上をめざして,最善を尽くす努力が必要です。何しろ後輪をこがなければ自転車は前に進みませんから。ただ,がむしゃらにこいで前進しても,とんでもない方向に行ってしまっては大変です。方向を指し示すハンドルとつながっている前輪,それが創立者マリー・リヴィエの精神にならう「カトリック教育」であり,「祈る」「奉仕する」がこれにあたるのです。前輪と後輪をバランスよく回転させて,賢明学院だからこそ学べる,「人間としてどう生きるか」という,正しい方向で前進していってほしいと願います。

賢明学院中学高等学校  校長 大原 正義

校名の由来

「賢明学院」という校名は,「聖母の連祷」といわれる聖母マリアに対する祈りの中の「賢明なおとめマリア,わたしたちのためにお祈りください」という一節から採られている。賢明学院に学ぶ子どもたちが,敬愛の念をもつて,聖母マリアを母なる保護者と仰ぎ,聖母マリアの模範にならつて,真に「賢慮・聡明」な人となるようにという願いをこめて,「賢明学院」と名づけた。聖母マリアは慈しみ深い母として,いつも私たちを見守り,私たちのみちしるべとなり,私たちを父なる神とイエス・キリストのもとへと導いてくださる方である。

校章の由来

1796年11月21日「聖マリアの奉献」の祝日に,南仏のチュエイにおいて,創立者マリー・リヴィエは四人の同志と共に,神に身をささげ,青少年のキリスト教的教育を目的とする教育修道会を創立した。ここに聖母奉献修道会が誕生し,会の紋章としてAVE MARIAの頭文字AとMを刻んだ“しるし”が与えられた。賢明学院の使章は,それを受け継いだもので,聖母マリアこそが学院の保護者であることを示し,学院の設立母体である聖母奉献修道会および修道会が経営する全世界の姉妹校に共通の“しるし”であり,絆となっている。
この学院に学ぶ生徒たちが,「この方の言うとおりにしなさい。」(ヨハネ2,5)とキリストを指し示された聖母マリアを母と仰ぎ,忠実な子どもとして,熱心に勉強に励み,人びとに奉仕する人に成長することを願っている。小学校,幼稚園においては,児童や園児,保護者にもはつきりと分り,帰属意識をもてるように「小」・「幼」の文字を入れている。

沿革

1966年2月 賢明学院中学校設置の認可
1966年4月 初代中学校校長にシスター アドリアン・マリー就任
中学校校舎落成祝別式並びに第回中学校入学式を挙行
1969年3月 中学校第1回卒業式を挙行
賢明学院高等学校設置の認可
1969年4月 初代高等学校校長にシスター 松田郁子就任,中学校校長と兼任
第1回高等学校入学式を挙行
1971年11月 中学校・高等学校第1回文化祭を開催
1972年2月 第1回高等学校卒業式を挙行
1975年11月 中学校創立10周年記念式典を挙行
1978年9月 高等学校同窓会・リヴィエ会を発足
1979年4月 第3代校長にシスター 佐藤恭子就任
1984年~85年 「つけものデー・粗食・おにぎりデー」を実施
1991年3月 特別教室棟・音楽室・AV教室・図書館等の竣工
1995年4月 第4代校長にシスター 中西美繪就任
1998年4月 第5代学校校長にシスター 秋田みえ子就任
2006年4月 第6代校長に篠原康二就任
2008年7月 近畿大学と教育連携パートナシップ協定
2010年3月 人工芝グランド完成
2010年4月 共学化始まる
2011年11月 初めてのフランス研修旅行を実施(高校2年生 パリ ルルド)
2012年2月 最後の女子校生となる41期生の49名卒業
2012年4月 中学校・高等学校全学年の共学完成
第7代校長に南登章生就任
2014年8月 体育館耐震補強工事
2015年4月 第8代校長に大原正義就任
2015年8月 西側校舎外壁改修および空調入替


CONTENTS MENU

学校案内