優しい心を育むカトリック教育

» 先輩達からのメッセージ

先輩達からのメッセージ

ひとりじゃないからがんばれる

大阪教育大学 教育学部 Y.O.さん(2017年 選抜文理コース卒業)

私の場合,二次試験の集団討論が苦手な試験でしたが,挑戦できたのは,志望大学である,大阪教育大学で学校の先生になるという強い意志と,友達や賢明学院の先生方の助けがあったからです。センター前には,友達と同じ問題を解き,点数を競い,毎日負け続けました。『1位には1位の練習量がある…』自分との差を実感し,悔しいからこそ,がんばれました。二次試験前には,課題点を言ってくれ,どうしたら改善できるかを一緒に考え,何時間も練習に付き合ってくれました。こうして,共に努力を重ねてくれる友達や,応援してくれる先生方に囲まれて,私は本当に幸せでした。試験は私ひとりでしたが,気持ちはひとりではなかったです。最後まで結果はわかりませんが,諦めないで,自分や周りの人を信じて前に進んでください。

国立大学の教育学部に進学したい

三重大学 教育学部 Y.F.さん(2017年 選抜文理コース卒業)

私は早くから進路の方向性を絞っていましたが,3年生になって多くの教科を勉強することは大変で,成績が伸び悩んだ時期もありました。また,センターや二次試験の直前まで毎日学校で自習していましたが,辛くてなかなか勉強に身が入らないことも多くありました。しかし,そんな時も先生方が親身になって相談に乗ってくださったことや,遅くまで勉強に付き添って指導してくださったこともあり,なんとか乗り越えることができました。入学時から,小テストなど日々の授業で基礎力をつけていただいたことも今につながっていると思います。私は,賢明学院で良い先生方や友人に出会えたことを本当に感謝しています。これからは,私も人を思いやれるようになりたいと思います。みなさんも先生や自分を信じて頑張って下さい。

受験を通して

山口大学 人文学部 A.K.さん(2017年 選抜文理コース卒業)

私が国立大学を真剣に考えるようになったのは当時受験を終えたばかりの高校3年生の話を聞いた時でした。受験を乗り越えた先輩方はとても堂々としており,目標を達成するまでに沢山のことを学びました。まず時間は何も解決してくれないということ。私は,高校2年生の冬から勉強を始めましたが,高校3年生になれば何時間も勉強して,偏差値もあがるだろうと軽く考えていました。しかし実際はその様な事はなく,目の前の課題に真摯に向き合うことが成功の近道だと知ることができました。そして1番は,素直になることの大切さ…。受験を通して沢山の先生方にお世話になり,自身のやり方を生み出すことももちろん,多くの経験と知識を持つ先生方のアドバイスを素直に受け入れ,実践に移したことが合格に繋がったと考えています。

クラブ引退後のサポートも充実

福島大学 人文社会学群 S.N.さん(2017年 特進文理コース卒業)

高校2年生の3学期辺りから国公立大学に行きたいと思い初めました。しかしクラブをしていたので,3年生になってクラブを引退するまでは勉強にまとまった時間を取る事はできませんでした。それでも引退してからは,先生方に様々なアドバイスを頂いたり,自分でもセンターや二次試験の勉強を必死にしたことによって,何とか国公立大学合格を掴むことができました。賢明の授業はとてもおもしろく,その中でも世界史の授業がとても好きで,受験勉強だけでなく,社会,歴史を大学生,社会人になっても勉強したいと思いました。賢明で得た知識や,高校生活で教わったことを生かし,進歩し続ける現代社会の諸問題や国際情勢など様々な分野に目を向けられようになり,日本国の中枢で自分の力を発揮できるような大人になりたいです。

英語の素晴らしさを教えてくれた

上智大学 総合グローバル学部 A.T.さん(2017年 選抜文理コース卒業)

私は中学から賢明学院に通い,英語の面白さ,大切さを学びました。先生から勧められて入部したESS部。英語の暗唱大会に出場し,発音のスキルアップをめざしていました。高校1年次には大阪府の大会にて2位に入賞し,自分の英語に自信をつけることができました。その年の冬からはオーストラリアへの1年間の交換留学に参加。辛いことも楽しいことも色々経験した1年でしたが,他国の文化を知り,より実践的な英語力を身につけることができたと思います。帰国後は夢である,国連に務め難民支援に尽力するため,カトリック校推薦で上智大学総合グローバル学部への進学を決意しました。英語は,視野と幅が広がる素晴らしいツールです。「興味」が「スキ」や「デキル」に繋がり,進路にも繋がったように私は思います。

偏差値32からの挑戦

関西大学 外国語学部 M.N.さん(2017年 特進文理コース卒業)

入学当初,英語が苦手でしたが,海外アーティストなどが好きで,夢は国際的な事に関わるお仕事。関西大学外国語学部が留学や授業内容など全てにおいて,自分に最も合う大学でした。しかし私の3科目偏差値は32…,とても合格できる大学ではありませんでしたが,先生方は英語や他の科目も一から教えてくださいました。英語は英文を主語や動詞,名詞,副詞などに分けることからはじめた結果,偏差値は60を越えるくらいになりました。辛い時,精神的に追いこまれ時,また希望大学などを決める際も親身になっていただきました。また,大学の先生が賢明学院で直接説明された事も合格において,大きな要因だったと思います。勉強だけでなく『勉強方法』も教えてくださる賢明に来たから合格することができたと思います。

多くの先生方や友達,家族に支えられて

関西学院大学 社会学部 N.K.さん(2017年 選抜文理コース卒業)

私は高校3年間ダンス部に所属していました。2年生の夏に関西学院大学に行きたいと思い,全国大会出場の実績と英検二級の資格を評価してくれる,AO入試の受験を考えましたが忙しく,常に空き時間や通学の時間を活用する日々でした。結局,勉強を始められたのは,引退してからでしたが,先生方のサポートが手厚く,相談や指導だけでなく一緒になって悩んでいただいたりしたこともあり,志望校に合格できました。入試期間は不安でくじけそうな時も,多くの先生方や友達,家族に支えられ乗り越えられました。だから,部活と勉強の両立に悩んでいたり,進路に悩んでいる方は是非,今すぐ相談してください! 先生方は必ずサポートしてくださいます!そして,強い気持ちで,諦めず自分の道を進んで行ってください!

資格を取得し,自分のペースで受験勉強

龍谷大学 法学部 M.I.さん(2017年 選抜文理コース卒業)

僕が本格的に受験勉強を始めたのは高校3年の4月頃,模試で思い通りの結果が出ず,危機感を覚えたからです。それまでに,得意な英語を生かすため,外部利用入試等について調べ,必要な資格を取るために努力しました。先生のサポートもあり,必要な資格を取ることができ,僕の苦手科目である国語に最後まで時間を費やすことができました。苦手な科目は後回しにしてしまいがちですが,後回しにすればするほど大変なので,早い時期から,基礎問題集を何度も解くことを心がけました。僕が受験勉強をする上で大切にしていたことは二つです。一つは,計画を立て,自分のペースを保ち,継続し続けること,もうひとつは,苦手科目を後回しにせず,こつこつと基礎からやり直すことだと思います。