優しい心を育むカトリック教育

お知らせ

2021/11/19

創立記念ミサ

62回目の創立記念日を

祝うミサを行いました。

 

11月に入ってから、今日の日に向けて

児童たちは、毎朝、

学校を設立してくださった

福者マリー・リヴィエへの

感謝の祈りを唱えたり、

自分たちができた良いことを書いて

手紙にしたりしました。

ミサはチャペルで行い

Microsoft Teamsを使い、

各教室にライブ配信しました。

チャペルには、

侍者、聖書朗読、共同祈願担当の児童たち、

そして洗礼を受けた児童が集まりました。

ミサは、本学院理事長でもある、

髙畠神父様が司会をしてくださいました。

「たくさんの人を愛することで、

自分の人生も豊かになります。」

「良い成績を取るためだけの勉強でなく、

多くの人が幸せに暮らすことができる

世界をつくるために勉強してください」

「お祈りを通して、

神さまと手を繋いで暮らしていきましょう」

 

神父さまのお話は、とてもわかりやすく、

心が温かくなるものでした。

 

最後には、絵本も読んでくださいました。

手を繋ぐだけで、心もつながっていく。

そんなメッセージが込められていたような

絵本でした。

 

その後、各学年の代表児童が

共同祈願を唱えました。

 

聖体拝領

場所は違いましたが、

心を1つにして祈り、

全員で創立記念日をお祝いした時間を

持つことができました。

 

なお、併設の賢明学院中学高等学校と

賢明学院高等学校通信制課程は、

感染対策を徹底した上で、リヴィエホール・

アリーナでミサを行いました。

長崎南山学園より西神父様が来られ、

司式をしていただきました。

本校6年生が2月に長崎研修旅行に行く際には、

浦上天主堂にて、西神父様によるミサに参加する

予定です。

 

 single