優しい心を育むカトリック教育

お知らせ

2021/06/29

幼小接続授業

賢明学院幼稚園の年長園児の皆さんが、

小学校に来てくれました。

幼小連携のための、接続授業です。

 

理科室で理科のお勉強をしました。

題材は「浮く野菜、沈む野菜」

まずは先生がテニスボール、

クリップ、はさみ、などを水の中に入れていきました。

「これは水に浮かぶかな?沈むかな?」

「はさみは重いから沈むよ!」

「テニスボールは浮かぶ!!」

みんな一生懸命考えて、答えてくれました。

 

いよいよ各グループに配られた野菜が

浮かぶか沈むか考える時間になりました。

ここでも、

小学生顔負けグループセッションができていました!

 

それでは実際に沈めてみましょう!

いくつかの野菜は底まで沈みかけますが、

完全には底についていませんでした。

園児の皆さんは、すぐにその違いに気付き

「これは沈んでるんですか?」と

質問していました。

素晴らしい気付きだと感心しました。

 

「まとめ」として先生からの最後の質問は、

「浮かぶ野菜と沈む野菜の共通点は

なんですか?」

難しい言葉かな、と思いましたが、

全員、すぐに考え出しました。

「柔らかい野菜と,硬い野菜かな」

「皮が食べれる野菜と、食べられない野菜じゃないかな」

 

そして、あるグループが声をあげました。

「土の中でできる野菜と、上でできる野菜だ!」

自分たちで答えを出すことができました。

35分ほどのお勉強でしたが、

しっかり集中して、一生懸命考えていた様子が

素晴らしかったです。

 

また一緒にお勉強できることを楽しみにしています!

 single