優しい心を育むカトリック教育

お知らせ

2020/11/09

秋の読書週間が終わりました。

カトリック教会では,11月は死者の月と

言っています。

今朝は放送で「祈りの集い」を行い,

亡くなられた方々を偲んでお祈りを

しました。

 

ちなみに「死者の月」という表現は日本だけ

だそうです。ヨーロッパやアメリカでは,

この表現は使われず,「霊魂の月」「魂の月」

という言い方をします。「死」のあとには肉体

を離れた「永遠の生命」があるということを

示そうとしているのでしょうか。

 

掃除の時間では,マリアさまの像を丁寧に

拭いている児童がいました。

 

さて,約2週間続いた読書週間が終わりました。

実は,世界に一つだけのしおり作り以外に

もう一つ図書館でイベントがありました。

先生たちから,お薦めの本の紹介がありました。

図書館には,お薦めの理由が直筆で書かれた

メッセージカードと一緒に

本が置かれていました。

 

子どもたちは,興味津々で本を見て,

たくさんの本を借りて読んでいました。

 

 

とても好評だったので,またしてほしい!

という児童もいました。

新しい本と出会う

良いきっかけになったのではないかと

思います。

 

 

 

 

 single