優しい心を育むカトリック教育

お知らせ

2022/08/04

第63回 体育大会

7月16日土曜日、おおきにアリーナ舞洲で、

体育大会を行いました。

コロナウイルス感染対策のため、一部プログラムを

変更しての実施となりましたが、

児童は日頃の練習の成果をしっかり発揮して、

全力で走り、演技しました。

開会式では、

児童会会長による選手宣誓。

そして、プログラム1番目はラジオ体操。

体育大会の進行アナウンス、準備、

得点計算、発表は全て児童が行いました。

1.2年生集団演技

「Wonderful Stage」

楽しい映画の音楽に合わせて

とても可愛らしく踊りました。

3年生「Dynamic エイサー」

伝統ある踊りと、元気な3年生らしさを

融合した、タイトル通りダイナミックな

演技でした。

 

4年生「ソーラン節」

体育大会の伝統演技にもなりつつある

4年生のソーラン節。

力強く踊る姿に、1〜3年生は憧れます。

5年生「爽涼炎舞」

傘を使った演技にチャレンジしました。

キレと優雅さを兼ねた動きで、

観ている人たちを魅了しました。

6年生「New My Normal」

小学校生活最後の体育大会での演技。

難しい斜め行進の交差も含めた

集団行動演技から始まりました。

フラッグを使った演技は、

音楽や歌詞の内容に合わせて、

時には優しく、時には力強さがあり、

6年生全員の仲間に対する思いや

未来に向かって進み出そうする気持ちなどが

伝わってくるようでした。

 

さまざまな制限がある中で練習し、

当日を迎えた体育大会でしたが、

達成感に満ちた笑顔があふれた1日になりました。

最後に、開催にあたっての準備、運営に

ご協力くださった、たくさんの奉献会(保護者会)の

皆さまに深くお礼申し上げます。

 

 single