優しい心を育むカトリック教育

お知らせ

2021/05/30

聖母月の祈り

5月28日、1時間目に「聖母月の祈り」を

放送で行いました。

 

賢明学院小学校の設立母体である

聖母奉献修道会は

聖母奉献の日に設立されました。

 

聖母奉献の日とは,マリアさまが生涯を

神さまにお捧げしたということを

記念する日です。

 

マリアさまと私たちの学校には

深いつながりがあり、

「聖母月の祈り(集い)」の行事は、

賢明学院小学校の歴史とともに

大切な行事として受け継がれています。

 

 

感染防止のため、各教室で放送による

「聖母月の祈り」になりましたが、

全児童、教職員が心を1つにして

お祈りを捧げました。

 

6年生による聖書朗読

 

 

朗読された聖書の箇所について、

賢明学院中学高等学校の大原校長先生が

お話(分かち合い)をしてくださいました。

 

 

最後に各学年の代表が

共同祈願を唱えました。

お祈りの内容は

児童が自分で作ったものでした。

 

 

お祈りの内容の一部をご紹介します。

 

1年生:マリアさまはイエスさまのお母さま、

私たちのもう1人のお母さまだということが

わかりました。これからも私たちのことを

優しく見守ってください。

 

2年生:これからもマリアさまのような

優しい心で友達と助け合っていくことが

できますように。

 

3年生:友達に対して感謝の気持ちを

カードに書く

「思いやりカード」を実践しています。

これからも優しいマリアさまに倣って

良いことをたくさんしていきたいと

思います。

 

4年生:これからも、学校の中だけではなく、

僕たちが自分でできるよいことを毎日

続けていけますように。

 

5年生:マリアさまのように

人を愛し、大切にし、人の役に立つことが

できる人間になれるように

努力していくことが

できますように。

 

6年生:最高学年として、委員会活動や

他学年との交流を活発的に活動しながら、

感謝と謙虚な心を大切にして

過ごしています。

これからも努力していきますので、

見守っていてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 single