優しい心を育むカトリック教育

お知らせ

2022/05/10

4年生国語 説明文の文章構成

国語の授業は、漢字の学習から

始まります。

それぞれの漢字の書き順、「とめ」・

「はね」・「はらい」に

注意しながら、全員で空中書きします。

続いて音読み、訓読み、

その漢字が入った言葉などを全員で考えながら、

ノートに丁寧な字で書いていきました。

 

教科書からは、「思いやりのデザイン」が

取り上げられ、

説明文の文章構成について学習しました。

 

段落ごとに、筆者が言いたいことや、

大事なことを書き出していきました。

読むときに大事にした点は、

「筆者の考えを捉えること」と、

「説明文で例を示すときに使う

筆者の技をよみとること」でした。

全員で話し合っていくうちに、

①「初め」と「終わり」で考えを述べていること。

②例を挙げているため、「中」も重要で、

段落同士を見たり、比べたりする必要があること、

③一つ一つの例には意味があり、

筆者の考えがわかるように選ばれていること。

を学びました。

次回の授業では、今回の学びを生かして、

「アップとルーズで伝える」を読み取るそうです。

 

 

 

 

 single