優しい心を育むカトリック教育

お知らせ

2019/06/09

HⅡフランス研修旅行1班⑪

 

 

 

 

ルルドのロウソク行列は冬季は行われませんが,それ以外は毎晩9時から行列が始まります。

暗闇の中で光るロウソクの炎が幻想的で,全世界から集まった巡礼者と一緒に「アヴェ,アヴェ,アヴェ,マリア」と歌う感動は信仰のあるなしにかかわらず,すばらしいものです。

ところが季節は6月,日本でも一番日が長い時ですがルルドもそうです。

明るい内に始まり,夜のとばりが下りる前に終わりました。

 

しかし,多くの生徒たちがこの祈りの行列に奉仕してくれました。その総勢は40名近くになり,歩いた生徒の数と変わりません。

まず,花形という言葉を使ってはいけないでしょうが,マリア像をかつぐ男子4名と,その周りでトーチを持つ女子4名。

最後,行列が大聖堂前の広場に戻ってきた時に,道しるべをとなるトーチを持つ仕事,ロープで誘導する仕事。

世界の各国語に交じって日本語で,「アヴェ・マリアの祈り」を唱える担当,「あめのきさき」を歌う聖歌隊。

生徒たちは凛々しく,真剣に取り組んでくれました。

沢山の巡礼者からお礼を言われ,次の日もやりたいと申し出た生徒もいます。

ルルドは特別な場所です。人間の心を美しくする不思議な力を持った聖地です。

 

 single