優しい心を育むカトリック教育

お知らせ

2022/06/01

高校1年探究農業体験

高校1年生は河南町へ農業体験

【Teamいちご】関学コースのみんなはいちご農園へ。

ビニールハウスの中はイチゴの甘酸っぱいいい香り。

 

午前は、いちごの収穫と収穫後の苗の引き抜き作業を行いました。引き抜いた株は何と4,000株!

 

普段は農家の方が少人数でこの作業をされていると知り、驚きです。 クラス全員での協働作業で30分で完了しました。



大粒の汗を流しながら、生命環境学へのアプローチとして貴重な体験になったと、子どもたちも達成感に溢れていました。 さあ、午後からもがんばろう!

 

午後からはハウス内の清掃作業。枯れた枝や根をかき出し、マルチを剥がします。重たい!かたい!叫びながらも黙々と作業しました。来年、また美味しいイチゴができますように。汗と砂ぼこりにまみれながらハウス内のしくみを農家の方にたくさん質問してました。

 


【Team田んぼ】

ピカピカの長靴で初田植えです♪

水が張られた田んぼに苗を植えていきます。

 

せっかくの長靴が泥にとられ全く歩けない!えーい!裸足になって挑戦です。

 

周囲からは叫び声が。初めての泥の感触に驚き、カエルを見つける度に逃げ回り、なかなかです。やっとのことで植え始めても、今度は苗が立たない!何度も植え直しました。この調子じゃ明日も来ないとあかん!と先生に言われ、やっと調子が掴めてきた頃、バッシャーン!あれだけ転けないようにと言われていたのにしっかり泥に浸かってました。

 

初めての泥の感触、今日の貴重な経験、これからのまだまだ長い人生、ご飯を食べるたびに思い出してくれたらいいなと思いました。



こんなになってしまいました。

 single