オーストラリア夏期ホームステイ体験 St.Paul’s School授業中の様子 | 賢明学院小学校 | 学校法人 賢明学院

優しい心を育むカトリック教育

お知らせ

2018/08/02

オーストラリア夏期ホームステイ体験 St.Paul's School授業中の様子

さて,St.Paul's Schoolで過ごすのも,あと1日と半分ほど。

現地クラスに入っての時間がほとんどの毎日ですが,ちょっと疲れが出る時期。

日本語でふだんやり取りするほどは言葉が通じなかったり,文化の違いに戸惑ったり。そんなときに賢明生どうしで会う時間があると,思い通りで話せることで気晴らしになったり...。でも,みんながんばっています。そんな様子をご覧ください。

昨日作ったハリネズミ。上手にできました。英語ばかりで書かれたテキスト。ノートに書かれた文字もすべて英語です。

個々に与えられた課題をこなしています。小学生でも選択授業などがあり,ひとつの時間帯でいくつかの教室に分かれたり,クラスが移動したりもしています。

体育館のように密閉されているわけでもなく,運動場とは床が違うスポーツコート。これなら雨でも活動できますね。夏の日差しにも耐えれそう。こんな場所があれば,いつでも体を動かせそう。これは体育の授業。体を動かす授業は,言葉が完全に通じなくても理解しやすく行動もしやすいようです。

競技の間のブレイクタイム。ちょっと疲れたかな。

日本でもオーストラリアでも,やっぱり遊具は大人気。

休み時間も仲良くコミュニケーションを取れるほど,仲良くなりました。テント屋根のある遊具は,日差しが強くても大丈夫。賢明にも欲しいですね。

現地の友達の遊びの中に入ろうと,がんばっています!!

男子はやっぱりサッカー! この競技は,世界共通ですね。

ランチボックスの時間に,一緒におしゃべり。あぁ,日本語だけで会話できるのが,こんなに楽なんて...。午後に向けてミーティング。

運動場では,現地の友達も一緒に遊んでいます。

 

明日が最後の授業。それに向けて,がんばってほしいものです。

 

※オーストラリア夏期ホームステイ体験の記事を最初からご覧になる場合は,画面左側または下側にあるアーカイブより,2018年7月または8月をクリック,出てきたタイトルから見たいタイトルをクリックしてご覧ください。 

single