優しい心を育むカトリック教育

お知らせ

2021/04/17

始業式

本日、前期始業式がありました。いよいよ2021年度の始まりです。
今回は多目的室での始業式となり、多くの生徒が出席しました。
代表生徒による聖書朗読のあと、各学年の代表者が、前期への願いや想いを込めて共同祈願をしました。

 

 


校長先生の講話は、『賢明生になるということ』でした。それはマリー・リヴィエの生き方に習うことです。マリー・リヴィエの言葉、「あなたのできる良いことは全てしなさい。」 良いこととは、人が喜ぶことをすること。神様にとっても、自分自身にとっても。
人は誰でも2つの心を持っている。温かく優しい心と意地悪な心。どちらに従うか。
周りの人を大切にし、喜ばせなさい。イエス様を大切にし、喜ばせなさい。

 

 


 
 教務部より、土曜日のスクーリングとレポート提出の期限の重要性についてのお話がありました。
 生徒指導部より、服装、感染予防等、学校生活を送るうえで気を付けることについてお話がありました。
 総務部より、特別活動(ハーベストの丘)の延期及び今後の特別活動について説明がありました。
 進路部より、勉強について。家庭学習はどのくらい?受験や進路の3つの力についてお話がありました。

 

 

 

最後に担任や新任の先生から一言ずつ挨拶がありました。

みんなで一緒に通信制課程を盛り上げていきましょう!

 single