優しい心を育むカトリック教育

お知らせ

2018/12/08

大原校長講話

本日のお昼休みに大原校長先生が講話に来てくださいました。

クリスマス前ということで主イエス・キリストが誕生した時のお話をしてくださいました。

「主の誕生を一番に知らされたのは羊飼いです。当時の羊飼いはみなから蔑まれている存在でした。

なぜ羊飼いに一番に知らされたのでしょう」という問いかけがありました。

 

 

 

『キリストは最も弱い人のもとに一番に現れたのです。』

「周りで困っているお友だちはいないか,アンテナの感度をあげていきましょう。

友だちやご家族と過ごすのも良し,機会があれば近くの教会に足を運んでください。」と締めくくられました。

カトリック校である賢明学院だからこそ,このようなお話に触れることができます。

今までとはひと味違うクリスマスを迎えることができそうですね。

 single