優しい心を育むカトリック教育

お知らせ

2020/12/12

12月誕生月の祈り

本日,誕生月の祈りがありました。

「体内記憶を持っている人」を研究している学者さんについて高畠理事長先生が話をしてくださいました。
「体内記憶を持っている人」は生まれてくる前,「自分は光だった。」と言ったそうです。

 

 


人は成長してく中で,光の存在であることを忘れがちになり,光はくすんでしまいます。
試練や病気,障害はチャレンジである。それらにチャレンジすることは,人の役に立つためなのです。
赤ちゃんが初めてママに笑顔を見せることも人の役に立つことなのです。
生徒たちは興味,関心を持って聞き入っていました。


 


12月に誕生日を迎えた生徒に対して校長先生から誕生日カードが贈られました。
12月生まれの皆さんおめでとうございます!

チャレンジする気持ちを大切にし続け,光を磨きましょう。今月も健康で人の役に立つことができますように☆彡

 single