優しい心を育むカトリック教育

お知らせ

2018/10/16

年長組 世界地図

先日,年長組で世界地図について学びました。

子どもたちと学び合いながら進めていきましたが,おもしろい発言があったので紹介します。

先「この大陸は何か知ってますか?」

児「なんきょくたいりく~」

先「そうですね。南極大陸に似た名前の大陸がありますね。知ってますか?」

児「ほっきょくたいりく!!」

先「そうですね。でも,この地図には,北極大陸はないの・・・」

児「え?」

児「ほっきょくは,なんきょくのなかまやから,なんきょくにあるんじゃない?」

先「そう思うんですね。他に意見がある人はいませんか?」

児「なんきょくとほっきょくは,つながっているとおもいます。」

児「ちきゅうぎのうえのところに,ほっきょくをかくスペースがないから,そこにはないとおもう。」

先「じゃ,北極にいる人が悲しむよね?南極は,氷が雪がたくさんあるよね。氷や雪が溶けるとどうなるの?」

児「みずになる!!」

先「そう。南極は氷や雪が解けると地面が出てくるの。」

児「えーーー!!」

先「だから大陸なんです。大陸は何でできているの?」

児「つちとか いし!!」

先「土とか石でできているね。だから地面が見えてくるの。」

先「北極はなぜないんでしょう?」

児「とけたら,たいりくがない?!」

先「大発見しましたね!!そうです!!北極は溶けたら地面はありません。海が広がっているのです。でも南極は氷が溶けると地面が見えてきます。だから,南極大陸!北極は大陸ではないので地図に書かれていません。」

これをきっかけに子どもたちは世界地図や大陸,国旗に興味を持ち始めました。

 single