優しい心を育むカトリック教育

教育方針

たいせつにしていること

優しい心を育むカトリック教育

子どもたちは神さまから愛されていることに気づき, 周りの人々の喜びや痛みを分かち合える心を育みます。
一人ひとりが神さまに愛され生まれてきたかけがえのない存在です。
「あなたはあなたのままでいい!!」個人の存在を十分認めあう温かい環境のなかでお友だちを思いやり「仲よく」すごします。
この思いは, 小学校・中学校・高等学校まで繋がります。

自立と自律…モンテッソーリ教育を礎として

モンテッソーリ教育は子どもの姿をしっかりととらえ, その子どもの自発性を尊重し, 子ども一人ひとりが豊かに自立・成長していくための手助けをする教育法です。
子どもの知的好奇心が自発的に現れるような環境を教師が整え, 関わることで, より子どもの知的好奇心が揺さぶられ, 集中して活動に取り組み, 満足感, 充実感を得て正常な発達をしていきます。
興味のないことを頭上から教え込む「勉強」ではなく, いまその子がある敏感期にそってさまざまな教具や用具を使ってお仕事をし, その子自身が豊かになっていくように援助していくのが「モンテッソーリ教育」です。

世界に目を向け平和を求め祈る心を育む

各クラスで「もうひとりのおともだち」の里親になって, 海外で貧困の中にいるお友だちを支援しています。
異文化を認め, 世界の平和を祈り将来平和のために種まく人に成長してほしいと願います。

グローバル教育

― 異文化の理解 英語力の養成 ―
ほんとうのグローバルとは, 世界の反対側にいる人たちのことを心に留めることができることだと思います。世界の平和を実現するためには, 英語が必要です。
未来を担う子どもたちに, 教科としての英語と海外研修をプロデュースする国際交流部が連携し, 幼稚園から高校までの指導プログラムと海外体験プログラムを推進しています。
  • Native教員によるLesson!
    早い段階から英語に慣れ親しむため週4回実施
  • 正確な発音を身につけ外国人の発音を聞き取る能力を身につける!
  • 触れ合う機会はたくさんある!
    常駐のNative教員と外遊びや普段の生活の中にも英語が!
  • 発表する力を養う
    歌や英語劇を発表し, ますます自信に繋がります!

うまれてきてよかったね

生まれてきてくれてありがとう・・大切な命を感じるこの日, おめでとうの大合唱です。
お花を胸につけてもらって, お誕生会では主役です!

縦割り保育

異年齢の関わりを大切にしています。保育の中で縦割りの活動を実施しています。年下の子は, 年上の子に対して憧れの気持ちをもち, たくさんの刺激や学びを得ます。年上の子は, 年下の子に教えてあげる事で思いやりの心, いたわりの心, 我慢する心が育ち自信を得ます。
見て学ぶ・やって学ぶ・教えて学ぶという貴重な経験をします。