優しい心を育むカトリック教育

» 警報発令時について

台風などによる警報発令時

台風などによる警報発令時の場合は次のようになります

大阪府に暴風警報発令された場合

1.暴風警報発令中は自宅待機。

  • (1) 午前6時までに解除された場合…通常授業。
  • (2) ただし交通機関の遅れや地域によっては間に合わない場合もありますので,遅刻にはなりません。
  • (3) 午前6時以降の解除…休校
  • (4) 大阪教育委員会がテレビかラジオを通じ臨時休校のニュースを流している場合は, 本校も臨時休校します。

2.登校後, 暴風警報が発令した場合は, 緊急連絡のうえ次のいずれかの対応をします。

  • (1) 学校で避難・待機
  • (2) 方面別で集団下校
  • (3) お迎えによる下校
  • (4) 居住地域に暴風警報が発令された場合は, 家庭で待機してください

その他の警報が発令された場合

大雨, 洪水, 雷, 大雪などの警報が発令された場合は, 休校ではありません。
ただし, 児童の登校が困難または危険と思われる地域の方は, 登校を見あわせてください。先ずは安全第一です。
在校中に, これらの警報が発令された場合も, 緊急連絡の上, 気象状況と児童の安全を考えて, 授業を中止し帰宅させたり, おさまるまで学校に留めおいたり, そのつど対処します。

震災発生時は次のような対応をします

1, 夜間や早朝など, 自宅にいる時に地震が発生した場合

学校から緊急連絡があるまでは自宅待機してください。
比較的小規模の地震の時は, 交通機関の状況を見て安全に配慮して登校してください。 なお, JR阪和線, 南海電車, 南海バスのいずれかが午前6時の段階で, 運休している場合は臨時休校になります。

2, 学校にいる時に地震が発生した場合

その時に応じて防護, 避難などの対応をとります。緊急下校する場合, あるいは避難場所でとどまる場合は緊急連絡をしますが, 電話, コンピュータなどが使用できない場合も考えられます。その場合は, ニュースや災害掲示板などを情報源にしてください。

3, 登下校中に地震が発生した場合

最寄の交通機関までの引率の必要, また可能かを判断し, 対応します。



CONTENTS MENU

警報発令時について